【広告】高速・安定・無料SSL付!月額524円でWordPressが使えるさくらのレンタルサーバ
2021年11月15日

転売屋を撲滅しよう!!

amazon_tenbai.png

およそ1年前、2020年の今頃は作りたいガンプラがいつでも店頭でも買えた記憶があります。

ところが最近に至り状況は一変し、店頭では品薄状態となり、AmazonやYahoo!ショッピング、楽天などでは販売価格が「不自然」に暴騰し、定価の4倍以上するキットも現れ、酷いものだと販売価格を大幅に下げて送料を数万円と設定されるキットが現れる次第。

これは商品をあらゆる手段を使って買い占めて高く売って暴利を貪ろうとする、いわゆる「転売屋」の存在が指摘されています。

Amazon:ガンプラストア
Yahoo!ショッピング:ガンプラ
楽天市場:ガンプラ

手軽にガンプラが買える時代では無くなった。

ガンプラが海外にも展開されるようになったこのご時世とはいえ、価格の暴騰や極度の品薄は異常だと私的には思います。

どうしても作りたいキットで少々定価に色が付く程度なら私だって買う時はあります。

しかし、もし定価の2倍や3倍以上で売られていたのならどうでしょう?

さすがに尻込みします。

明らかにおかしいと思います。

ガンプラは作りたい人だけが買って作ればいい商品です。

転売屋のネタにされてはたまったものではない。

定価770円のHG1/144のジム(2001年4月発売)がAmazonで2,400円台で売られているのにはさすがに激怒しました。

プラモデル制作の練習用に買おうと検討していたキットだったから。

先だって私はAmazonにガンプラの販売価格の暴騰について問い合わせチャットを通じて指摘させていただきました。

「御社は転売屋の巣窟になっている」と。

色々と会話を重ねた末、Amazonの答えは「担当者に報告させていただきます。」というものでした。

Amazonはこの問題に取り組む姿勢を示し始めたという情報がありますが、これはAmazonだけではなく、こうした転売問題はネット通販業界全体で共有すべき問題だと思います。

今回はガンプラで起きている事案について語っていますが、何もガンプラに限った話ではありません。

ソニーのPS5の転売問題もありました。

新型コロナが流行り始めた頃のマスク不足や消毒用アルコール不足の問題もありました。

品薄不足に漬け込んで転売で暴利を貪ろうとする人たち。

確実に売れそうな商品を買い占めて、品薄状態を演出し、高値で転売しようとする。

いわゆる「カルテル」に匹敵する、いやそれ以上の悪質な商行為だと思います。

価格が暴騰する商品に手を出すほど消費者は馬鹿ではない。

「転売屋」なんていう存在は生産者にも消費者にも何の恩恵をもたらすものではない。

欲しいものが品薄で売っていない、売っていても定価よりも遥かに高すぎて買う気がしない。

結果的に消費者を消費行動から遠ざけてしまう。

日本の経済にとっては「猛毒」以外の何者でもないと思います。
posted by Pixelgaro at 20:40 | Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記、日々の事等
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189137580

この記事へのトラックバック
【仕事の依頼は『ココナラ 』にてお願いします!】
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
ブロトピ:ブログを更新しました!ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロトピ:ブログの更新のお知らせブロトピ:ブログ記事更新